読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to 1日の充実@朝編

ちょっと前まで、夜は帰るとそのまま寝て、朝起きてから慌ててお風呂に入るみたいな生活をしていました。朝風呂に入ること自体は嫌ではないのですが、やっぱり朝はゆとりが欲しい!!あと寝坊して風呂に入らなかった時の絶望感も嫌だ!!と思っていました。また、夜お風呂に入ったら入ったで朝は余裕をこいて寝坊してしまうなどしていたので、このままではよくないと思ったのをきっかけに、生活習慣を見直し、あることを習慣づけて矯正を試みることにしました。

 

生活習慣の矯正のため心がけているのは以下の3つ。

  • 毎日、夜にお風呂に入る
  • 寝る前に、その日の日記を1行でいいから書く
  • 同時に次の日の朝やりたいことのリストを作成する

寝るのが早かろうが遅かろうが、これだけは絶対遵守しています。他に細々としたことは何も決めていません。自分が窮屈になってしまっては意味がないので。このうち、今回のテーマである朝に関わってくるのは3番目の「朝やりたいことリスト」です。

特に朝やりたいことリストは、書き終えたらテーブルの真ん中にドンと置いて寝ます。次の朝はそれをみながらやることを思い出しつつこなしていき、達成できたら赤ペンで丸をつけるなり線を引くなりしています。「やりたいこと」なので明日の"朝"やりたいことをとりあえず好きなだけ書いといて、別に実行できなくてもいいのです。というかできなかったことはその時できなくても大抵その夜か次の日にどうにかなるようなことです。(ここで大事なのは「朝、起きてから仕事の準備を終えるまでに」(わたしの場合は「外に出るまでに」)やりたいことを書き出すことです、)ちなみに「やりたいこと」は毎日少しずつ変わるのですが、基本的に大きくは変わりません。私の場合「髪を巻く」「りんご酢のお湯割りを飲む」は毎日必ず入っているし、弁当を作らなければならない日は「米を炊く」「弁当を作る」、見逃したドラマ明日までに観なきゃなあ〜というときは「ドラマを観る」などと書いています。これやりたいけど寝て起きたら忘れてそうだな〜と思うようなことを書くのがポイントです。先ほども述べたように、これらを全部実行できなかったからといって落ち込む必要はありません。次の日にもっと早く起きて、やりたいことをやるだけの時間を確保するように努めればよいのです。

ちなみにわたしはこれを2月が始まってから半月ほど続けているのですが、始めるまでは7時起きで慌てて準備をしていたのに、今は通常6時半起き、今日は6時に起きて見逃していた1時間ドラマを後追いするだけの余裕ができるまでになりました。すごーい!

 

長くなったので朝編と夜編にわけることにしました。

次回、夜編では、帰ってきてから寝るまでの過ごし方(特にさっき挙げた3つのうちの上2つになります)について細かく書いていこうと思います。気が向いたら!